●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

TQC(全社的品質管理)とTQM(総合的品質管理)とは


TQC(全社的品質管理)とTQM(総合的品質管理)について説明します。


TQC(Total Quality Control:全社的品質管理)とは


1990年の日本のバブル崩壊まで、日本中で、TQC(Total Quality Control:全社的品質管理)が多くの企業で行われていました。

TQCブームですね。

しかし、1990年のバブル崩壊後、日本経済は不景気になりました。

その後、企業は、グローバル化とシステム化の波に襲われました。

TQCではその波に対応できず、またTQCの弊害が出てきたため、次第にTQCを見なおす動きが出てきました。

TQCは、問題解決の手法であって、「これからどうするべきか」、「システム化」などに対してのツールではないですからね。

企業は、TQCをやめたのではなく、TQCの良いところを取捨選択して、環境に適応してゆきました。

TQCは、問題解決や品質改善には、すばらしい手法です。

是非、理解する必要があります。

TQCは、Total Quality Controlの略です。
日本語では、「全社的品質管理」と呼んでいます。


「JIS」では、「TQC」は次のように定義しています。

「品質管理を効果的に実施するためには、市場の調査、研究、開発、製品の企画、設計、生産準備、購買・外注、製造、検査、販売及びアフターサービス並びに財務、人事、教育など企業活動の全段階にわたり、経営者を始め管理者、監督者、作業者など企業の全員の参加と協力が必要である。」

全員で「品質管理」を、やりなさいということです。


TQM(Total Quality Management:総合的品質管理)とは


1996年TQCは、TQMに名前が変わりました。

TQMは、Total Quality Managementの略です。
日本語では、「総合的品質管理」と呼んでいます。


内容としては、
「トップのリーダーシップのもとに、組織が一丸となって、顧客の満足する製品やサービスを提供数ための一連の活動です。」

TQMは、ISOのようにトップダウンでTQCをおこなうようです。

TQCは、ボトムアップと言われていますが、方針管理などはトップダウンです。

個人的には、TQCもTQMも同じような気もしますが。


TQMの構成


TQMの全体の構成ですが、次のようになっているようです。

いくつかの分類に分けています。

基本的な考え方


PDCAを回す。


プロセスで作りこむ。


再発防止をおこなう。


データで語る。


などです。

個々のプロセスの改善手法


5S


標準化


問題解決のステップ(QCストーリー)


QC七つ道具


新QC七つ道具


統計的方法


などです。

組織を改善する手法


QCサークル活動


プロジェクトチーム


改善提案制度


方針管理


日常管理


機能別管理


トップ診断


デミング賞


などです。


個別については、別途説明していますのでそちらをご覧ください。

TQM活動は、多くの企業で進化して実践されています。





[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
10:172209

<<全ページのメニューリストです>>