●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

QC七つ道具とは(種類・用途・手法・目的について


QC七つ道具とは

「QC七つ道具」について説明します。


「QC七つ道具」とは


「QC七つ道具」ってよく聞きますよね。

データには、「数値データ」と「言語データ」があります。

「数値データ」を改善する手法として「QC七つ道具」が生まれました。
主に、製造業で使用されています。

日本の製造業を世界一の品質にした一番重要な手法です。
これが無かったら、日本は、世界一の品質になりませんでした。

「品質を改善する」手法です。

製造業で働いている人は知っていると思います。
工程や「QCサークル」でも使っていると思います。


企業で品質改善活動をおこなうときに最初に学習します。
データを分析する「道具」です。
「ツール」ですね。
情報を正しく分析することができます。

非常に重要です。

日本の製造業の製品の品質が世界一になったのは、企業全員が、「QCサークル」などで「QC七つ道具」を使って品質改善活動をおこなってきたからです。

その後、品質改善活動は、全社でおこなうようになったり、製造業以外の業界でもおこなわれるようになります。

しかし、間接部門や製造業以外の業界では、業務改善をおこなうためには、「数値データ」はあまりありません。

「言語データ」が多くなります。
その為、「言語データ」を取り扱うために「新QC七つ道具」が生まれました。
手法も異なります。

「新QC七つ道具」については、別途説明します。


「QC七つ道具」の種類


「QC七つ道具」の種類について説明します。

「QC七つ道具」というくらいですから、最初は7つありました。

  • パレート図
  • 特性要因図
  • グラフ(管理図を含む)
  • チェックシート
  • ヒストグラム
  • 散布図
  • 層別

です。

最初は「グラフ」の中に「管理図」が入っていたのですが、最近では「管理図」は別に分類されています。
たくさんの「管理図」が使用されています。

最近では「QC七つ道具」は次のようになります。

  • パレート図
  • 特性要因図
  • グラフ
  • 管理図
  • チェックシート
  • ヒストグラム
  • 散布図
  • 層別

です。

「JIS Q 9024:2003」(マネジメントシステムのパフォーマンス改善)の中には、「層別」が無くなっています。
「層別」は、ツール(道具)というよりもやり方です。

でも、「層別」も重要ですから、知っておいた方がよいと思います。
数は、気にする必要はないと思います。


「QC七つ道具」の使う用途


「QC七つ道具」の使う用途について説明します。

一例ですが、「QC七つ道具」は次の用途に使用します。


用途 使用する「QC七つ道具」
問題を発見するツールとして使用します。 ・グラフ(棒グラフ)
・管理図
問題の原因を把握したいときのツールとして使用します。 ・パレート図
・ヒストグラム
・特性要因図
対策後、問題が解消したことを確認するツールとして使用します。 ・グラフ
・散布図
・管理図


それぞれについて概要を説明します。


「QC七つ道具」の個別の手法の概要


「QC七つ道具」には、以下のような手法があります。

個別の手法と概要です。

パレート図


「パレート図」は、現象別に層別してデータをとることにより、重要な不良や問題点を見つけ出すことができます。


特性要因図


「特性要因図」は、原因と結果の関係を整理することができます。
「魚の骨」(フィッシュボーンチャート)とも呼ばれています。
問題の原因を整理することができます。


グラフ


「グラフ」は、データの比較が目で見てわかりやすくなります。
データの全体像がわかりやすくなります。


管理図


「管理図」は、工程が安定しているのか見ることができます。
自然なバラツキと異常原因のバラツキを区別、管理することができます。


チェックシート


「チェックシート」は、データの分類や項目別の分布や出現状況を把握することができます。


ヒストグラム


「ヒストグラム」は、データをいくつかの区間に分けてその区間のデータを集めます。
その度数(数)を棒グラフで表します。
データのばらつきを把握することができます。


散布図


「散布図」は、2つのデータの間にどんな関係があるのか、特性の関係(相関関係)を見ることができます。


層別


「層別」は、データをグループ別に分けて問題点を把握する方法です。


詳細は、別途、個別に説明します。

「QC七つ道具」を使用する目的


「QC七つ道具」を使用する目的です。

一般的には、「QC七つ道具」を使うのは、以下のような目的があります。

  • 現在の状況を客観的に把握したい場合です。
  • 現在の不具合などの状況を解析したい場合です。
    原因や結果の関係を調べることができます。
  • 現在の状況が正しいか確認する場合です。
  • 管理する場合です。
    現在の状態が正しい状態か管理する場合です。
  • 検査する場合です。

などです。


「QC七つ道具」で重要なこと


「QC七つ道具」を使用するときに、以下のような重要なことがあります。

  1. 「QC七つ道具」を使う目的を明確することが重要です。
    何を知りたいために、データを取るのか、どの手法を使うのかを明確にする必要があります。
  2. 現状を見るのではなく、事実を正確にとらえることが重要です。
  3. 感覚ではなく、データ(数値)でとらえることが重要です。
  4. いろいろな手法を使ってデータを分析します。
  5. 重要な情報、問題点、原因を浮かび上がらせることが重要です。





[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
10:172209

<<全ページのメニューリストです>>