●全ページ一覧の表示(ページ下へ移動)>>

▲PAGE TOP

新QC七つ道具とは


新QC七つ道具(新QC7つ道具)とは

「新QC七つ道具(新QC7つ道具)」について説明します。


「新QC七つ道具」とは


新QC七つ道具(新QC7つ道具)とは、定性的な言語データを整理、図形化、可視化することにより、問題の解決などの品質改善活動をおこなう手法です。
親和図法、連関図法、系統図法、マトリックス図法、アローダイアグラム、PDPC法、マトリックスデータ解析法など「7つ」の手法があります。



「新」がついていない「QC七つ道具」は、製造現場などで、不良解析やデータの分析などの数値解析に使用されています。


でも、営業や企画、設計などの品質改善や新製品開発などでは、数値解析では、難しいですね。
「言語データ」が多いですから。

その為に、総務部、経理部、営業部、設計部などの間接部門や製造業以外の、飲食業、小売り、ホテル、観光業などでの言語情報や文字情報により問題の方向性を見出す手法として、生まれたのが、「新QC七つ道具」です。

いろいろな言語情報を整理し問題を浮かび上がらせます。
組織の全員が、互いに協力して正しい活動方向に導きます。

「新QC七つ道具」は、複雑に絡み合った問題を整理することができます。
問題が絞り込まれ計画が立てやすくなります。

でも、実際に使いこなすのは、言語情報ですから、かなり難しいですね。


「新QC七つ道具」の特徴


「新QC七つ道具」の特徴について説明します。

「新QC七つ道具」には、次のような特徴があります。

  1. 言語データを整理、図形化、可視化することが出来ます。
  2. 関節部門や、ホテル、観光業、小売業など製造業以外の業界でも品質改善活動をおこなうことができます。
  3. 多くの人の言語データをまとめていきますので、ブレーンストーミングなどでおこないます。


「新QC七つ道具」の種類


「新QC七つ道具」は次のような種類があります。

  • 親和図法
  • 連関図法
  • 系統図法
  • マトリックス図法
  • アローダイアグラム
  • PDPC法
  • マトリックスデータ解析法

です。

7つの手法があります。


「新QC七つ道具」の個別の手法の概要


「新QC七つ道具」の個別の手法の概要について説明します。

1.親和図法


親和図法とは、 言語データを、グループ分けして、整理、分類、体系化する方法です。
問題点を整理することが出来ます。

事実、意見、発想を言語データでとらえ、それらの相互の「親和性」によって統合した図を作ります。
「親和性」って似ているということです。
解決すべき問題の所在、形態を明らかにしてゆく方法です。

未来・将来の問題、未知・未経験の問題など、モヤモヤとしてはっきりしない問題によく使用します。

つまり、似たもの同士のグループ別にまとめて、問題点や解決策を導きだします。

「親和図法」は、「KJ法」(川喜多二郎法)とも呼んでいます。

新和図法

新和図法の目的


新和図法の目的について説明します。

  • 「新和図法」の目的は、重要な問題の解決にあって、混沌としている事象を整理し、問題を明確に浮かび上がらせることができます。

新和図法のメリット


新和図法のメリットについて説明します。

「新和図法」には次のようなメリットがあります。

  • 混沌とした状態の中から、問題点を発見することができます。
  • 現状を打破して、新しい考え方を得ることができます。
  • 問題の本質が的確にとらえられ、関係者に明確に認識してもらえます。
  • 自分の意見や他人の意見が取り入れられ、全員参画による意識向上と活性化がはかれます。

などです。

作成方法など詳細は以下のページをご覧ください。

2.連関図法


連関図法とは、「原因」と「結果」、「目的」と「手段」などが絡み合った問題について、その関係を論理的につないでいくことによって、問題を解明する方法です。
原因を探すことが出来ます。

連関図法

連関図法の目的


連関図法の目的について説明します。

「連関図法」には次のような目的があります。

  • 因果関係を明確にすることができます。
  • グループメンバーと連関図を作成してゆく過程で、メンバーのコンセンサスを得ることができます。
  • 発想の転換を可能にすることができます。
  • 問題の核心を探り、解決に導く事ができます。

などです。

連関図法のメリット


連関図法のメリットについて説明します。

「連関図法」には次のようなメリットがあります。
目的と重複しています。

  • 原因が複雑に絡み合う問題を整理する事ができるので計画段階から、広い視野で全体を見渡す事ができます。
  • メンバーのコンセンサスを得ることが容易になります。
  • 自由に書けるので、発想の転換や展開に役立ちます。
  • 重点項目が的確にとらえられ、各原因の相互関係が明確になります。
    関係者に認識してもらえます。

などです。

作成方法など詳細は以下のページをご覧ください。

3.系統図法


系統図法とは、問題解決の具体策を見つける方法です。
目的を達成するための手段を目的ととらえ、さらに手段を考えるという作業を何回もおこないます。
そして、目的達成の為の手段や方法などを多段階のツリー状にならべます。

「連関図」で問題に対する阻害要因が把握されると、次は、それらの阻害要因を解決するための対策や方策を探さないければいけません。

「系統図法」とは、これらの対策や方策を系統的に作成するための方法です。

VE(バリューエンジニアリング)の機能分析に用いる「機能系統図」の考え方、作り方を応用した手法です。

「目的」、「目標」、「結果」などのゴールを設定し、このゴールに到達するための手段や方策となるべき事柄を展開してゆきます。

目的ー>手段
    目的ー>手段

「目的」に対する「手段」を決めます。
次に、その「手段」を「目的」にして、「手段」を決めます。
順番に行ってゆきます。

「1次元」、「2次元」、「3次元」などに展開することにより、有効な手段を発想します。

系統図法

系統図法の目的


系統図法の目的について説明します。

  • 「系統図法」の目的は、「系統図法」の作成の過程や結果の中から、問題解決の具体的な指針や施策を得ることができます。

系統図法の種類


系統図法の種類について説明します。

「系統図法」は用い方によって、次の2つの種類があります。

  • 構成要素展開型
    要素を分解して掘り下げてゆきます。
  • 方策展開型
    方策を展開してゆきます。

系統図法のメリット


系統図法のメリットについて説明します。

「系統図法」には次のメリットがあります。

  • 事象を系統的に論理展開しやすく、ヌケ、モレが少なくなります。
  • メンバーの意思の統一がはかりやすくなります。
  • 手段を整理しやすくなり、一目でわかります。
    関係者への説得性が上がります。

などです。

作成方法など詳細は以下のページをご覧ください。

4.マトリックス図法


マトリックス図法とは、行に属する要素と列に属する要素に構成された二次元の表の交点に着目して問題解決を効果的に進める手法です。
問題解決の順序を決めることが出来ます。

「系統図法」で、具体的な方策を、四次、五次まで展開すると、かなりの数の方策が出てきます。

どの方策が重要なのかわかりませんね。

「マトリックス図法」は、「系統図法」によって展開した方策の「重みづけ」や「役割分担」などを決めるのに使用される方法です。

マトリックス図法

マトリックス図法の目的


マトリックス図法の目的について説明します。

「マトリックス図法」には次のような目的があります。

  • 二次元的配置の中から問題の所在や問題の形態を探すことができます。
  • 二次元的配置の中から問題解決への着想を得ることができます。

などです。

マトリックス図法の種類


マトリックス図法の種類について説明します。

「マトリックス図」は、パターンから次の5つがあります。

  • L型マトリックス
  • T型マトリックス
  • Y型マトリックス
  • X型マトリックス
  • C型マトリックス

などです。

マトリックス図法のメリット


マトリックス図法のメリットについて説明します。

「マトリックス図法」には次のようなメリットがあります。

  • 長年の深い経験の着想に関するデータがきわめて短時間に求められます。
  • 要素間の関係が明確になります。
    全体の構成を一目で把握することができます。
  • いくつかの表がうまくまとめられ、問題の所在がより明確になります。

などです。

作成方法など詳細は以下のページをご覧ください。

5.アローダイアグラム法


アローダイアグラム法とは、問題の解決の作業が絡み合っている場合、「各作業の関係」と「日程のつながり」を明確にする方法です。
最適な日程計画を作成することが出来ます。
スケジュール管理などに使用されています。

「系統図法」や「マトリックス図法」で、問題解決のための最適手段や対策が決まります。

次には、それらの多くの手段や対策を、どの順番に、いつ実施するとよいのかという問題がおこります。
「順番」と「日程」ですね。

この為に、「アローダイアグラム法」が使用されます。
「アローダイアグラム法」は、問題の解決の作業が絡み合っている場合、各作業の関係と日程のつながりを明確にする方法です。

「アローダイアグラム」(矢線図)はパート(PERT)で用いる「日程計画図」です。
特定の計画を進めていくために必要な作業の関連をネットワークで表現したものです。

「パート」(PERT)は、Program Evaluation Review Techniqueの略です。
1957年アメリカで新しい計画と管理の手法として開発されました。
ポラリスミサイルの開発に使用され、開発期間が2年も短縮したそうです。

日程計画を表すのに、矢線を用いるので、「アローダイアグラム」と呼んでいます。

従来から、日程の計画や管理の為の手法として、「バー・チャート」(別名、ガント・チャート)がよく使用されています。

「バー・チャート」(ガント・チャート)は、大まかな計画や簡単な作業指示には優れた方法です。
でも、作業に相互関係を把握するのが難しいです。
また、一部の作業の改善や変更が他の作業にどのように影響しているのかわかりません。
最良の対策が立てにくいという欠点もあります。

このような欠点を補い、工程分析の機能を備えているのが、「アローダイアグラム法」です。

アローダイアグラム法

アローダイアグラム法の目的


アローダイアグラム法の目的について説明します。

  • アローダイアグラム法の目的は、最適な日程計画をたてて、スケジュールを管理することができます。

アローダイアグラム法のメリット


アローダイアグラム法のメリットについて説明します。

「アローダイアグラム法」には、次のようなメリットがあります。

  • 仕事全体の作業と繋がりを把握することができます。
  • 仕事の着手前に、工程上の日程上の問題点を把握することができます。
    どの作業が日程上遅らせてはいけないのかを把握することができます。
    「クリティカルパス」と呼んでいます。
    「隘路」(あいろ)です。
  • ネットワークを書く事で、改善案が作成できることがあります。
  • 作業の進捗状況のチェックが容易に行う事ができます。
    計画変更に対して、問題に対して早い処置を行う事が出来ます。
  • 関係者のコミュニケーション、意思疎通が容易となります。
    認識、納得もスムーズになります。

作成方法など詳細は以下のページをご覧ください。

6.PDPC法


PDPC法とは、目標達成までの不測の事態に対応した代替案を明確にする方法です。
事前に考えられるさまざまな結果を予測して、プロセスの進行をできるだけ望ましい方向に導く手法です。
不測の事態への対応策を作成することが出来ます。

「PDPC法」とは、「Process Decision Program Chart」の略です。
日本語では、「過程決定計画図」と言います。

「PDPC法」は、研究や技術開発、慢性不良対策、営業活動などのように解決への情報が不足しているとか、事態が流動的で予測が困難である場合の問題解決の実行計画の策定に使用されます。

1968年秋、当時の東京大学工学部の近藤次郎教授が、東大紛争に直面して問題解決・意思決定の手法として開発されました。

PDPC法

PDPC法の目的


PDPC法の目的について説明します。

  • 「PDPC法」の目的は、事態の進展に伴い、いろいろな結果が想定される問題を望ましい方向に導きます。

PDPC法の種類


PDPC法の種類について説明します。

「PDPC法」は、作り方によって、次の2つの種類があります。

  • 逐次展開型
    状況の変化を予測して、その方策を作ります。
  • 強制連結型
    強制的な事態を想定して、その対策を作ります。

です。

PDPC法のメリット


PDPC法のメリットについて説明します。

「PDPC法」は。次のようなメリットがあります。

  • 経験を生かして、先を読み、先手を打つ事ができます。
  • 問題の所在、最重点事項の確認が容易に行う事ができます。
  • 事態をどのように導いて終結に到達しようとしているか決定者の意図が表現することができます。
    また関係者にも意図がよくわかります。
  • 全体の意見を集めて容易に修正することができます。
  • PDPC法の図は理解しやすく、協力と連携が容易にできます。

作成方法など詳細は以下のページをご覧ください。

7.マトリックスデータ解析法


マトリックスデータ解析法とは、2つ以上のデータを解析することにより傾向が一目でわかる手法です。
複数のマトリックスを整理することができます。
問題の整理や解決の糸口を探すことができます。

「多変量解析」のひとつである「主成分分析」のことです。

「新QC七つ道具」の中で、唯一数値データを取り扱います。

マトリックスデータ解析法の目的


マトリックスデータ解析法の目的について説明します。

  • 「マトリックスデータ解析法」の目的は、2つ以上のデータの傾向を調べることができます。


作成方法など詳細は以下のページをご覧ください。

詳細については別途説明します。





[↑一番上へ]
[品質管理の知識(ホームへ)]
10:521311

<<全ページのメニューリストです>>